風邪

 ミクシーニュース曰く、日本の会社は37.9以上じゃないと風邪じゃないらしい。そして風邪だからといって休めない。そもそも風邪を理由にずる休みしたことあるか?って質問がどうかと思う。風邪で休む=ずる休みの構図がかなり浸透してる証拠じゃないのか?なんだかね~・・・( ̄  ̄;)  大帝国時代は陛下に命を捧げた日本国民ですが、今は職場に命を捧げるってのが正しい認識ですね^^; なにがあっても任務遂行。重傷でない限り戦闘継続、戦線の維持に努めよ・・・ただ尽くす相手が変わっただけです。おお、やだやだ( ゚Д゚) だからストレス社会とか揶揄されんだよ。
 しっかしまぁこう考えるとある意味、日本は究極の共産の理想形じゃないのかな?どんな過酷な労働環境でも文句も言わずただ黙々と職務を遂行し国の経済を潤し、国の借金は別として国民レベルでの貧富の差は他国に比べて少なく、国民性からくる国民によるクーデター、デモの心配は限りなくない。天皇という象徴を群集心理から大多数が支持し政治に関して関心があるようで無関心・・・政治家がやりたい放題してもなんの問題もない。資本主義の皮をかぶった究極の共産なのかもしれません。歴史上、どんなに虐げられても国民による政権奪還がなかった国ですからね~・・・土壌としては最高なのかもしれませんね。ロシアに占領されなくてホントよかったですね^^; 北海道、樺太守備隊の奮戦がなければ今頃、理想(やりたい放題できる)の共産国家だったかもしれません。
 そろそろ表紙の構図を考えなくては・・・どうする!?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する