朋友

 あと一か月ちょいで中国ともおさらばです。いろいろありました・・・。ええホントに。良くも悪くも人生を変えてくれた経験ではあります。結果的には悪い意味でだったのですが。こっちで暮らした代償は決して小さくはありません。小さいどころか大きいです。これから俺はどうなるのでしょうか?それはどんなに苦しい状況でも自分自身でなんとかせねばなりません。
 まぁいろいろありますが少なくとも性格面では私は日本というものもいくらか忘れてしまっていることでしょう。本来ならどんな時でも仮面をかぶり続けることができた自分ですが、ここで自我を押し通すことを覚えてしまいました。正面衝突するのも厭わない。多少の無理は押し通す。ムカつくもんはムカつく。いくらかハッキリ言うようになったのが良い事なのか悪い事なのか・・・それは後の俺自身が決めてくれることでしょう。言わなきゃ伝わらんこともある。ただし自分を殺すことが日本での正義です。とはいえ正義の裏は別の正義なのですが。
 チラホラ挨拶周りもしてるのですが、そんな中で中国で知り合った方がなんとお別れ会を開いてくれるそうです。出会いは他の方の紹介だったりその辺ふらふらしてた時に話しかけられたりとかの一般の方なのですが、なぜか送別会。紹介されて知り合ったAさんは紹介してくれた人送別会とかしてなかったんですが^^; 理由はあえて聞くまい。・・・とか思ってたら向こうから言ってくれました。まぁ流石の中国というべきか。

「いや~、なのかさんはあんま中国語上手くないけどいい人だったからw」だそうです。

 中国に置いてこの言葉はなかなかに重いと思ってます。血、家族、同族が重視され他人は敵って意識が結構ある中でわざわざ時間と金を割いて敵国の人間一人に送別会などと大層なことをするのは、なかなかできないです。まぁ中国の人もそこまで悪い人いねーし当たり前だろwって意見もあると思いますが決して裕福でないその辺の一般の人ってのが今回のポイントです。金と時間の重みは日本よりもあります。それを踏まえれば実にありがたいことであります。なんもした覚えないんですけど^^;
 多分なにかしたんでしょうね。俺自身気付いてないだけで。中途半端に優しいのが自分ですから。助けてくれと言われれば「寝言は寝て言え、クズ」とか思いながらそれなりに助けてやるような感じでしょうかね~。やらない偽善よりやる偽善みたいなもの。どうなろうと知ったことじゃないけど助けてやる。なにも変わらないのを知ってはいるつもりですが、心のどこかでは因果応報を信じているのかもしれませんね。
 それとも行動そのものがいい人に映ったのかもしれませんね。だいたいの人は信号無視もすれ違い様にぶつかっても何もいいませんが俺は律儀に1年間ほぼ守ってきました。信号はしっかり待つしぶつかれば可能な限り謝りました。最低限の日本人・・・というか俺自身の為にそういうのは徹底してきました。日本じゃ普通だし中国だからといってそれをやらなくていいなんてことはありません。他の場所でもできなければそれはただの常識人ぶってるだけの演技になってしまいますから。もちろん今の私も演技です。あらゆるモラルルールは破りたいですよw ですがどうせやるなら死ぬまで演じ続けるのが大人というプロというものでしょう?w 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する