東方テラフォーマーズ レミリア・スカーレット

s-a東方テラフォ レミリア2

レミリア・スカーレット 『紅魔郷』
年齢:聞くな! 身長体重:殺されたいのか?(威圧)
M.O手術ベース 『鳥類型』

―ズグロモリモズ―

東方ランキング 4位

ピトフーイは鮮やかな色をした雑食性の鳥である。
いくつかの種、特にカワリモリモズとズグロモリモズの筋肉や羽毛には強力な神経毒ステロイド系アルカロイドのホモバトラコトキシンが含まれている。これはピトフーイから発見される以前はヤドクガエル科フキヤガエル属Phyllobatesの皮膚からのみ見つかっていた。
毒は外部寄生者や蛇、猛禽類、人間からの防衛に役立っていると考えられており、ピトフーイは自分自身ではバトラコトキシンを生成しない。おそらくピトフーイが捕食するChoresine属の甲虫由来であると思われる。
レミリアのMOモデルであるズグロモリモズは鮮やかな色をしており、腹部はれんが色で頭部は黒い。この鳥の鮮やかな色は警告色だと言われている。ズグロモリモズとカワリモリモズの一部は似た姿をしているが、これは擬態である。

自らを強大な力をもつ吸血鬼であることを擬態により隠しつつ、油断した相手を殺傷能力の高い毒で静かに破壊する。恐ろしい吸血攻撃もさることながら、レミリア自身の身体能力の高さも相まって、その力は幻想郷の中でも最強クラスとされるほどである。羽や皮膚に触れただけでも毒は相手を蝕むことから、彼女を倒す方法は遠距離からの弾幕でしかもはや倒す術はない・・・という感じに妄想した。

※ベルチャーウミヘビ、トビズムカデ、イモガイ辺りも候補だったレミリアさん。毒物系にしたいな~と思ってたので( ´∀`) ただ羽を有効活用したかったのでズグロモリモズにしました。とはいえ特徴がちょっと難しかったのであんまり変異させないで変異してる途中みたいな感じで誤魔化しましたwしょうがないね^^; 温厚で襲ってくることはないそうですが、触れただけでヤバイってのはカエンダケに匹敵するほどのヤバさってことだと思います^^; 世の中には恐ろしい生物がたくさんいて凄いですね。素直に感嘆します。なお、この絵は1月27日の紅のひろばで出す予定の本の表紙になります。是非来てくださいね!
 せんちゅりー兄貴との合体(意味深)です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する