東方テラフォーマーズ ルーミア

s-a東方テラフォ ルーミア

 ラーテルは闇に強く夜行性であるが、昼間に活動することもある。
世界一怖い物知らずの動物として知られ、食性は雑食で小型の動物のほか、果実などを食べる。地を這うような低姿勢ながら、ウマが見せるパッサージュと同じ走法で広範囲を歩き回り、目に入った捕食対象を手当たり次第口にする。
性質は荒く、捕食こそしないものの、ヒトやライオン、アフリカスイギュウ等の大型動物に立ち向かうこともある。背中に柔軟な皮の装甲を持つため、体を裏返しにでもされない限りライオンの牙も鉤爪もラーテルに傷を負わせることはできない。ラーテルの発達した鉤爪は非常に強力であり、岩石砂漠や礫砂漠の生態系においては、ラーテルは事実上生態ピラミッドの頂点に位置する。また危険を感じると臭腺から臭いの強い液体を噴射する。
猛毒を持つものも含め蛇類を食することもあり、コブラ科の蛇が持つ神経毒に対して強い耐性を持つため、たとえこれらの毒蛇に咬まれても一時的に動けなくなるだけで、数時間後には回復し活動を再開する。・・・という能力から闇の妖怪ルーミアちゃんがMOすればきっと最強だろうと考えた(小並感)どこら辺がラーテルなのかって点には突っ込みは無しで^^; 絵が下手なだけです。しょうがないね。

 原稿先の漫画で使いたい生物でしたが闇属性のシナジー考えてルーミアにしました。もしかしたら漫画でも使うかもしれません。毒耐性、硬い皮膚、強力な爪と牙、なんでも食べようとする凶暴性・・・非の打ちどころのないピラミッドの頂点の典型的な生物ですしね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する